前へ
次へ

金の買取でKの位置で価格が変わる可能性

貴金属が好きな人であればたくさん持っているかもしれません。
デザインが好きで購入するときもあるでしょうし、その時の気分で購入するときもあるでしょう。
日本のショップで買ったり、海外旅行などで衝動買いしてしまうなどの可能性もあります。
しかし今はどれをどこで買ったのかわからない状態かもしれません。
同じような金の指輪などの貴金属があり、デザイン的にもあまり利用しなくなったので買取してもらおうと考える時があります。
それぞれには18Kや14K等の文字が刻まれていますが、中にはK18、K14などもあります。
どちらも同じように感じますが違いがあるかです。
違いがあるとなると買取価格に差が出る可能性があります。
日本の買取業者で一般的に扱っているのはK18などKが前に来ているタイプになるようです。
18Kと表示されているものなどは後ろKと呼び区別している業者もあります。
後ろKは海外製が多く、中には粗悪品がありその数字の信ぴょう性が疑われるときがあります。
一応どれもきちんと調べてもらえます。

Page Top