前へ
次へ

金は24金が最も純度が高いとされている

金の買取をしてもらうとき、まずは持ち込んだものにどれくらい金が含まれているかをチェックされます。
金製品であればその中に24Kや18Kなどと書かれているかもしれません。
それらの数字によって一応の割合がわかります。
ただその数字が正確かどうかわからないので、きちんと調べてもらう必要があります。
金製品の中にはどれくらい金が含まれているのかわからないものもあるので、それらは業者で調べてもらえます。
この時に重要になるのが24分率になるでしょう。
24Kの意味としては、この中に含まれている99パーセント以上が金であることを示し、重量そのものが買取の対象の重さになります。
一方18Kは何を意味するかですが、24分の18であることを意味します。
4分の3、つまりは75パーセント金が含まれている状態であることを示します。
同じ重さのものを24Kと18Kで持っていたとしたら、18Kの方は24Kの75パーセントくらいの買取額になると考えておくと良いでしょう。

Page Top