前へ
次へ

金はどうやって純度をチェックするのか

貴金属などの買取をしてもらうとき、鑑定士がいろいろとチェックをします。
ブランド物であればまずはそれが本物かどうかをチェックし、本物であれば使用状態などをチェックします。
では貴金属、その中でも金はどうやって鑑定をするかです。
金は金そのものがどれくらいあるかの鑑定が行われます。
貴金属ならアクセサリーとしての価値などを見られるのではないかと感じますが、ブランドのアクセサリー以外なら金の重さがどれくらいあるかを調べます。
金の純度が分かれば後は重さに割合をかければ出てきます。
18金なら金が75パーセント含まれていることを示します。
でも純度が分からないと計算ができません。
貴金属であれば、純度の刻印があるのでまずはそれがあるかを見ます。
一応刻印を参考にしますがこれを完全に信用するわけではありません。
それ以外の方法は業者によって異なりますが、純度を調べる機械などを用いてきちんとチェックするようです。
純度が分からないものでもきちんと調べて査定をしてもらえます。

Page Top